上海

クリスマスの上海ディズニーリゾート旅行記⑦「アドベンチャー・アイル」で驚きのショー&大冒険。『ターザン』の中国雑技や本格アスレチック、激流下りも!

ナタリさん
ナタリさん
上海ディズニー3日目も後半戦。「アドベンチャー・アイル」では東京ディズニーリゾートにないアトラクションやショーを体験したよ。
みつくに
みつくに
「ソアリン」があるエリアだね。

2018年12月、上海ディズニーリゾートに行ってきました!

今回は旅行記第7弾!

「アドベンチャー・アイル」で体験した、中国雑技の圧巻ショーや冒険心をくすぐるアトラクションを紹介していきます。

 

View this post on Instagram

ナタリさん(@d_manabiya)がシェアした投稿

ディズニー×中国雑技!「ターザン:コール・オブ・ザ・ジャングル」

ナタリさん
ナタリさん
私がとっても好きなディズニー映画『ターザン』のショーが公演されているんだ!
みつくに
みつくに
中国雑技の要素があるんだね…!

上海ディズニーならでは。中国雑技のアクロバットでストーリーを再現

ディズニー長編アニメーション作品『ターザン』の物語を、なんと中国雑技で表現するという驚くべきショーが「ターザン:コール・オブ・ザ・ジャングル」

皿回しシーソー、布を用いたエアリアル(空中演技)、などの本格的な中国雑技がディズニーランドで観られるなんて…上海ディズニーならではの体験です。

セリフ無しでも伝わるストーリー

このショーに登場するターザンやジェーンといったキャラクターは、一言も喋らないんです。

けれどこのショーにセリフは不要

アクロバットとダンス、フィル・コリンズの名曲、それに映像の演出で、物語も感情もビシバシ伝わってきますよ。

『ターザン』の物語を知らなくても楽しめるはず。

とはいえ、これは是非とも…是非とも、映画を観てから鑑賞していただきたい!

何十回も観ている『ターザン』ガチ勢の私は、ショー開始30秒で感極まってしまいました。

それに映画を知っていると、「劇中のあのシーンを中国雑技で再現するとこうなるのか…!」という驚きもありますよ。

映画単体でもイチオシのディズニー作品なので…みんなも『ターザン』観ましょう!

鑑賞席は多め。後方でも左右でも楽しめます

ショーが公演される屋内シアターは、かなり座席が多め。

私はショー開始15分前に入ったのですが、ステージに向かって正面の席、前方の席は埋まっていましたが、後方の席やステージに向かって左右の席は余裕がありました。

ステージ全体を使ったアクロバットがメインのショーなので、正面や前方の席にこだわらなくても十分にショーを楽しめます

びしょ濡れ必至「ロアリング・ラピッド」

ナタリさん
ナタリさん
次に向かったのは激流下りアトラクション「ロアリング・ラピッド」!びしょ濡れになれるよ。
みつくに
みつくに
12月に乗ったの?! 絶対に寒いよ…!

冬でもお構いなし。激流下りで濡れまくる

「アドベンチャー・アイル」にある大きな山、ロアリング・マウンテン。

この山に、円形ボートで激流の川を下るアトラクション「ロアリング・ラピッド」があります。

12月でしたが、濡れます。容赦なく濡れます。

容赦ない水&乗り物酔いに注意

座る場所によって濡れ方に差があり、濡れる人は滝に打たれたかの如く濡れます。

濡れたくないけどアトラクションに乗ってみたい!という人は、レインコートをボートに乗るまでに購入しておくといいですね(並んでいるときにも買えますよ)

現地のゲストはほとんどの人がレインコートやポンチョを着て乗っていました。

ですが…注意しなければいけないのは足元!

ボートの入り口が塞がっていないので、そこからジャブジャブ水が浸入するんですね…

レインコートでカバーできないや、足元に置いたカバンはもれなく浸水します。

靴を濡らしたくない人はサンダルに履き替える、カバンはビニール袋に入れておく等の工夫をしておくと安心ですよ。

ちなみに「ロアリング・ラピッド」の円形ボートはくるくる回転しながら川を下るので…そうです、三半規管弱い人は要注意です。

TDLの「アリスのティーパーティー」に比べればずっとマシでしょう…なんて甘く見ていると痛い目に合いますよ。まぁ、アリスよりはマシでしたが。

気になる人は酔い止め薬を飲んでから、激流下りに臨みましょう。

途中の洞窟で目にする巨大生物「Q’araq」

アトラクションの途中で、ワニのような竜のような、巨大な生物を目撃することになります。

その巨大生物はQ’araqと呼ばれています。

「アドベンチャーアイル」に昔から住むアボリたちが、ロアリング・マウンテンに住むと信じている伝説の生き物です。

ロアリングマウンテン、そして「ロアリング・ラピッド」のロアリング(Roaring)とは「うなり声」という意味。

アトラクションを体験した後にも、Q’araqのうなり声が聞けるかもしれませんよ?

そして、そんな興味深い伝説もあるロアリングマウンテンには、もう一つアトラクションがあるんです。

「キャンプ・ディスカバリー」は本格アスレチック・アトラクション

ナタリさん
ナタリさん
ロアリング・マウンテンにある「キャンプ・ディスカバリー」はハーネスを装着して挑む本格アスレチックが体験できるよ。
みつくに
みつくに
楽しそう!今までのディズニーパークにはあんまり無い感じのアトラクションだね。

ロアリング・マウンテンで上海ディズニーNo.1の大冒険。

「キャンプ・ディスカバリー」は、ロアリング・マウンテンとアボリの遺跡を探検するアトラクションです。

中でも「チャレンジ・トレイル」では、スリリングな本格アスレチックを体験できるんです。

カリブやトロンでも体験できない楽しさとスリルがあり、忘れられない冒険になるはず。

荷物は全部預けます。カメラもスマホもNG

アトラクションに挑む前に、カバンなどの手荷物をすべて専用ロッカーに預けることになります。

カメラをぶら下げたまま…スマホをポケットに入れて…というのもNG。すべてロッカーに預けないといけません。

アスレチックはかなり高い所まで登るのですが、下にもゲストが歩いていますから物を落とすと危ないんです(ということでスカートで挑むのはオススメできません…というかハーネス装着できないのでは)。

サンダル不可のようですから、「ロアリング・ラピッド」でサンダルに履き替えた人は気を付けてください。

難易度別に3コース。ハーネス&回避ルートがあるので安心

荷物を預けたら、次はキャストさんに手伝っていただきハーネスを装着します。

装着し終えたら、難易度で分けられた3つのコース(上から、レッド、イエロー、ブルー)を選択して冒険スタートです。

私はイエローコースを選びました(この日は雨天の為か、レッドコースを選べず…次はリベンジしたい!)。

飛び石や超不安定なつり橋、細長い丸太など、見た目以上にハラハラドキドキします。

ビビって躊躇する大人が続出するレベルです…恐るべしロアリング・マウンテン。

ですが、不安定な足場を回避できるルートもあります…不安になったら回避ルートを選ぶのも手ですよ。

『ズートピア』のニックとジュディに会えた!

舞浜でも人気!ニックとジュディのグリーティング

 

View this post on Instagram

ナタリさん(@d_manabiya)がシェアした投稿

アドベンチャー・アイルでは、『ズートピア』のニックとジュディに会うことができました!

東京ディズニーランドでも彼らのグリーティングが行われていますが、整理券を配布するほどの人気です。

しかしこの時はニック・ジュディそれぞれ10分待ち!ほとんど待たずに彼らに会えるんです。

ペアではないけど、タイミングが合えば2人とも会える

ニックとジュディに会えるグリーティング施設は、「ミッキーの家とミートミッキー」のように会えるキャラが決まっているわけではありません。

また、(私が訪れた時は)ニックとジュディは同時に登場しなかったので、ある時はニックのグリーティングで別の時はジュディのグリーティングで…という具合です。

ニックとジュディ両方とグリーティングするには、通りかかる度に誰のグリーティングをしているか注意深く見ておくべきですね。

NEXT→上海ディズニー旅行記ラスト。夜のアトラク~帰国まで

ナタリさん
ナタリさん
上海ディズニー旅行記は次でラストになるかな。
みつくに
みつくに
最後まで楽しみにしてるよ。

第7弾まで続いた、上海ディズニー旅行記ですが、次回で最後となりそうです。

夜のアトラクションや最終日の朝ごはん、帰国までを書いていきます。

ようやくです。この記事を書いている日が2019年3月21日なので、もう3か月以上経っていますね(笑)

何はともあれ、最後までお付き合いいただければと思います。