フロリダ

フロリダWDW★マジックキングダムで体験してほしいオススメスポット。TDLと似ているようで違う?!見所いっぱいのディズニー王道テーマパーク!

ナタリさん
ナタリさん
今日はディズニーワールドにあるマジックキングダムを紹介するよ。
みつくに
みつくに
マジックキングダムって、東京ディズニーランドによく似たパークだよね。

今回のディズニーワールド特集では、マジックキングダム (Magic Kingdom Park)を取り上げます。

 

View this post on Instagram

ナタリさん(@d_manabiya)がシェアした投稿

マジックキングダムは1971年にオープンした、WDWの原点とも言える場所ですね。

WDWの4パークの中で来園客数が最も多いパークなんですよ。

40を越えるアトラクションに、たくさんのディズニーキャラクター、シンデレラ城を舞台に繰り広げられるショーなど見所が山のようにあります。

ではさっそく、マジックキングダムで体験してほしいオススメスポットを紹介していきます。

東京ディズニーランドに無いものを楽しむ!

ナタリさん
ナタリさん
マジックキングダムは東京ディズニーランドのモデルになったテーマパークだから、似ているところが多いんだ。
みつくに
みつくに
そうなんだ!でもせっかく行くなら、日本に無いアトラクションに乗りたいなぁ。

マジックキングダムは東京ディズニーランドのモデルになったパークなので、共通点がたくさんあります。

シンボルがシンデレラ城であることや、アドベンチャーランドやトゥモローランドといったお馴染みのテーマランドがあること。

「ビッグサンダー・マウンテン」や「ジャングルクルーズ」など、日本で人気のアトラクションもたくさんあります。

でも、はるばるフロリダまで行くんですから、日本には無いアトラクションやパレード、ショーを楽しみたいですよね。

これから紹介するのは、東京ディズニーランドには無いアトラクションの中でもオススメのものです。

「7人のこびとのマイントレイン (Seven Dwarfs Mine Train)」

ディズニー映画『白雪姫』の鉱山を走り抜ける、大人気のジェットコースター

スリルは抑え目ですが、左右にスイングするトロッコが楽しいんです。

7人のこびと達が歌う「ハイホー」にテンションが上がること間違いなし。

「アンダー・ザ・シー:ジャーニー・オブ・リトル・マーメイド (Under the Sea ~ Journey of The Little Mermaid)」

貝殻の乗り物に乗って、『リトル・マーメイド』の物語を体験できます。

アリエルをはじめ映画のキャラクターが勢揃いします。

名曲の数々に感動できる、大人も子どもも楽しめるアトラクションですよ。

「ディズニー・フェスティバル・オブ・ファンタジー・パレード (Disney Festival of Fantasy Parade)」

ミッキーをはじめディズニーキャラクターがたくさん登場する豪華絢爛なお昼のパレードです。

『プリンセスと魔法のキス』のティアナや『メリダとおそろしの森』のメリダなど、日本では会う機会が少ないキャラクターも登場しますよ。

マジックキングダムのパレードは、東京ディズニーランドに比べて場所取りは容易です。

パレード30分前でも最前列に座れますよ(ただし日差しが強いので、待つ間は日除け対策をしましょう!)。

「ハッピリー・エバー・アフター (Happily Ever After)」

シンデレラ城のプロジェクションマッピングと花火のナイトショー。

広範囲から打ち上がる花火は、東京ディズニーランドとは桁違いの大迫力

1日の締めくくりに、絶対観ておきたいショーです。

日本にもやってくる!美女と野獣エリアを先取り!

みつくに
みつくに
東京ディズニーランドにできる『美女と野獣』のエリア、確かマジックキングダムにもあるんだよね。
ナタリさん
ナタリさん
そうなんだ。でも日本にはできない施設もあるから見逃せないよ。

2020年、東京ディズニーランドに『美女と野獣』の世界観を再現したエリアがオープン予定です。

実はWDWのマジックキングダムには、美女と野獣エリアが既にオープンしており大人気なんですよ

日本にも登場予定の施設や、マジックキングダムでしか楽しめない施設もあります。

映画でばっちり予習してから体験しましょう。

「ガストンのタバーン (Gaston’s Tavern)」

映画にも登場した村の酒場が忠実に再現されています。

ガストンが座る大きなイスもあるので、そこに座って写真を撮るのがオススメです。

ビール風のフローズンドリンクで乾杯しましょう!

このレストランは東京ディズニーランドにもやってくる予定ですよ。

「エンチャンテッド・テール・ウィズ・ベル (Enchanted Tales with Belle)」

『美女と野獣』のショートストーリーを、ベルと一緒にお芝居する体験型のアトラクションです。

子どもを中心にキャスティングされ(大人は甲冑役があります)、みんなで劇をつくりあげます。

多少の英語力は必要ですね。

東京ディズニーランドにはオープンしないアトラクションなので、気になる方は要チェックです。

「ビー・アワー・ゲスト・レストラン (Be Our Guest Restaurant)」

野獣の城はなんとレストランになっていますよ。

東京ディズニーランドに完成予定の野獣の城はアトラクションになるので、お城で食事を楽しむことができるのはマジックキングダムだけです

ベルと野獣がダンスをしたボールルームや野獣の部屋、数々の絵画が飾られたギャラリーで食事を楽しめますよ。

私はディナーでこのレストランを利用しましたが、映画の中に入り込んでしまったかのようで感動しっぱなしでした!

オニオングラタンスープやステーキが絶品…。

さらに、食後には野獣とお会いすることもできたんです

『美女と野獣』ファンはもちろん、WDWに行ったら絶対に訪れてほしいレストランです。

日本にもあるアトラクションは細かな違いを楽しもう!

ナタリさん
ナタリさん
東京ディズニーランドにあるアトラクションも多いけど、細かく違うポイントがあるから、時間に余裕があれば乗ってほしいな。
みつくに
みつくに
違いを見つけるのも楽しそうだね!

「日本にあるアトラクションは乗らなくていいや~」

…と思っているそこの貴方!もったいないですよ。

東京ディズニーランドにあるアトラクションでも、乗ってみると細かな違いが多いんです

相違点が面白かったりするので、いくつか乗ってみることをオススメします。

「ホーンテッドマンション (Haunted Mansion)」

外観は日本のものと似ていますが、細かな違いが多いですよ。

まず、アトラクションがある場所が「リバティー・スクエア」というエリアです(TDLはファンタジーランドにありますよね)。

そしてQライン(待ち列)には触って遊べる仕掛けがいっぱいあるんです。

音が鳴ったり、動いたり、待ち時間も退屈しませんね。

WDWのアトラクションには、このような触って楽しめるQライン(インタラクティブキュー)が多いですよ。

最後に3人の亡霊(ヒッチハイクゴースト)が乗り込んでくる場面も、東京ディズニーランド版とは異なる演出があって楽しいです。

アトラクションの近くには「ホーンテッドマンション」のグッズを扱う専門店「メメント・モリ」があるので、立ち寄ってみてください。

「スペース・マウンテン (Space Mountain)」

TDLでも人気のアトラクション「スペース・マウンテン」がマジックキングダムでも楽しめます。

白く特徴的な外観は共通していますが、違うところもありますよ。

マジックキングダム版では縦1列のコースターに乗るので、小回りが効いて想像以上に振り回されます!

写真撮影があるのも東京ディズニーランド版との相違点です。

撮影ポイントは、青く点滅するゾーンを曲がってすぐですよ。

「ウォルト・ディズニー・ワールド鉄道 (Walt Disney World Railroad)」

東京ディズニーランドには「ウエスタンリバー鉄道」がありますよね。

「ウエスタンリバー鉄道」は、アドベンチャーランド、クリッターカントリー、ウエスタンランドを一周して戻ってくるアトラクションです。

マジックキングダムの「ウォルト・ディズニー・ワールド鉄道」は、移動手段として利用することができます

メインストリートUSA、フロンティアランド、ファンタジーランドに駅があります。

休憩も兼ねて、のんびり移動できるので便利ですよ。

夢と魔法の王国を楽しんで!

みつくに
みつくに
マジックキングダム、東京ディズニーランドと異なる点も多くて楽しそうだなぁ!
ナタリさん
ナタリさん
うんうん。でも雰囲気はやっぱり日本のランドに似ているから、フロリダに居ながら懐かしさも感じるんだよね。

マジックキングダムは、大人も子どもも楽しめる見所がいっぱいのパークです。