TDR

TDRアトラクションの乗り物酔い対策。酔いやすい人が東京ディズニーリゾートのアトラクションを安心して楽しむ極意

みつくに
みつくに
乗り物酔いしやすいんだけど、東京ディズニーリゾートのアトラクションは大丈夫かなぁ。
ナタリさん
ナタリさん
心配だよね。今回は酔いやすいアトラクションとその対策をまとめてみよう。

実は私は、かなり乗り物酔いしてしまいます…

乗り物酔いしやすいと、アトラクションで酔ってしまわないか心配ですよね。

乗りたいアトラクションが激しく動く乗り物で、躊躇してしまう…

それではせっかくの1日を満喫できません。

ということで今回は、乗り物酔いしやすい貴方に捧ぐ!東京ディズニーリゾートにおける乗り物酔い対策をまとめます。

基本的には、

  1. 酔いやすいアトラクションを把握しておく(例:「アリスのティーパーティー」)
  2. 事前に予防する(例:酔い止め薬)
  3. 酔ったときに適切な対応をとる(例:適度な炭酸水)

 

ということを意識しておけば大丈夫です。

それでは詳しくみていきましょう。

酔いやすいアトラクションベスト3(ランド編)

ナタリさん
ナタリさん
私の主観で、東京ディズニーランドの酔いやすいアトラクションのランキングを作ってみたよ。
みつくに
みつくに
参考になるなぁ。ありがとう!

1位「アリスのティーパーティー」

  • 場所:ファンタジーランド
  • 身長制限なし
  • 所要時間:約1分30秒

酔いやすさという点で「アリスのティーパーティー」はぶっちぎりの1位です。

遊園地によくあるコーヒーカップ型のアトラクションです。

真ん中のハンドルを回すとぐんぐん回転スピードがアップする、あれです…。

とにかく目が回って気持ち悪い思いしかしません!!(好きな人は好きなのでしょうけどね)

友達グループで訪れた時に、必ず一人は回したがる人がいますよね…(笑)

酔いやすい人の気持ちも知らないで…。

2位「スペース・マウンテン」

  • 場所:トゥモローランド
  • 身長制限あり(102cm以上OK)
  • ファストパス対象
  • 所要時間:約3分

人気の絶叫アトラクション「スペースマウンテン」を2位にしました。

暗闇の中を走るジェットコースターですから、コースが見えずに不意を突かれて揺さぶられます…

落下は少ないのですが、何度も横に振り回されるのでかなり酔いやすいです!

3位「スター・ツアーズ:ザ・アドベンチャーズ・コンティニュー」

  • 場所:トゥモローランド
  • 身長制限あり(102cm以上OK)
  • ファストパス対象
  • 所要時間:約4分30秒

スリリングで臨場感あふれる「スター・ウォーズ」の世界を楽しめるアトラクション。

映像と動きが連動するので、これまた酔いやすいアトラクションです。

動きがかなり激しいので尚更ですね…

加えて、3D映像で酔うという人は要注意ですよ!

酔いやすいアトラクションベスト3(シー編)

ナタリさん
ナタリさん
今度は東京ディズニーシーの、酔いやすいアトラクションランキングだよ。

1位「ワールプール」

  • 場所:マーメイドラグーン
  • 身長制限なし
  • 所要時間:約1分30秒

「ワールプール」はケルプ(海藻)のカップに乗って潮の渦に身を任せるという、「アリスのティーパーティー」と似たアトラクションです。

このタイプのアトラクションは、やはり酔いますね…。

「アリスのティーパーティー」と異なるのは、回転のコントロール方法。

「ワールプール」の場合、一緒に乗った人と固まって座ると回転速度がアップするんです。

一緒に乗った人と向かい合って座ると速度が安定しますから、酔いやすい人は固まって乗らないように気を付けましょう。

2位「ブローフィッシュ・バルーンレース」

  • 場所:マーメイドラグーン
  • 身長制限なし
  • 所要時間:約1分30秒

ブローフィッシュとはフグのこと。

フグたちが吊り下げる貝殻のゴンドラに乗り、回転レースが始まります。

かなり高い位置まで上昇するので眺めがよいのですが…景色を楽しむ余裕は無いかもしれませんね。

酔いやすい人は、進行方向と逆向きに座ってはいけません(酔いやすくなります)。

3位「ニモ&フレンズ・シーライダー」

  • 場所:ポートディスカバリー
  • 身長制限あり(90cm以上OK)
  • ファストパス対象
  • 所要時間:約5分

 

View this post on Instagram

TokyoDisneyResort 東京ディズニーリゾートさん(@tokyodisneyresort_official)がシェアした投稿

映像とライドシステムの融合で、『ファインディング・ニモ』『ファインディング・ドリー』の世界を体験できるアトラクション。

「スター・ツアーズ」同様、映像と動きが連動するので酔いやすいです!

ただ、こちらの方が動きは抑えめ&3D映像ではないので、比較的安心して乗れますよ。

酔わずにアトラクションを楽しみたい!オススメの予防&解消法

みつくに
みつくに
「友だちと一緒だから」「乗ってみたいから」いろんな理由で、酔いやすいアトラクションに乗りたい場合はどうしたらいいのかな?
ナタリさん
ナタリさん
乗り物酔いしやすい人がアトラクションを楽しむための対策を紹介するね。

体調は万全に

寝不足、疲労、ストレスなども乗り物酔いの原因になるのだとか。

1日中パークを楽しむためにも、前日はしっかり睡眠をとって万全の体調で遊びましょう。

直前に食事をとらない

食事の後すぐにアトラクションに乗るのは控えましょう。

では空腹の状態なら良いのか…というと、実は空腹もあまり良くありません。

適度に満たされているくらいがベストですよ。

頭を揺らさない

アトラクションに乗ってから気を付けたいのが、頭を揺らさないようにすること。

座席にしっかりとくっつけるように意識しましょう。

酔い止め薬を服用する

酔い止め薬は定番の乗り物酔い対策ですね。

アトラクションに乗る30分前には服用しましょう。

実は、酔ってから飲んでも症状を和らげる効果があるそうです。

酔い止め薬は多めに持っておきたいですね。

生姜を食べる

生姜に含まれるショウガオールには、乱れた自律神経を整える効果があります。

生姜は乗り物酔いの予防にも、症状の緩和にも役立つんですよ。

さすがに生の生姜を持ち込むのは難しいので、生姜のあめを用意すると良いですね。

炭酸水を飲む

酔ってしまった時には、コーラやジンジャーエールなどの炭酸水を飲むと症状が和らぎます。

意外かもしれませんが、炭酸水には胃の調子や自律神経を整えてくれるんですよ。

けれど飲み過ぎはかえって体に良くないので、注意しましょう。

無理しないことが何より大切!

みつくに
みつくに
たくさん参考になったよ!今度スペースマウンテンに挑戦してみようかな。
ナタリさん
ナタリさん
無理はせず、楽しめる範囲で楽しんでね。

しっかり対策を用意しておけば、ほとんどのアトラクションは怖くありませんよ。

乗り物酔いしやすい私も、「アリスのティーパーティー」以外は乗れますからね(笑)

とはいっても、いざ乗ってみて気分が悪くなり、その後まったく楽しめなかった…というのは嫌ですよね。