映画

クリスマスまでに知っておきたい『くるみ割り人形』!ディズニーとのかかわりや、映画『くるみ割り人形と秘密の王国』もDヲタ視点でチェック!

くるみ割り人形
ナタリさん
ナタリさん
クリスマスといえば『くるみ割り人形』だね
ウミカ
ウミカ
そういえばクリスマスシーズンになるとよく聴くなぁ

『くるみ割り人形』はチャイコフスキーのバレエ音楽として馴染み深いですが、ディズニーが好きな人なら『ファンタジア』を思い浮かべるかもしれませんね。

2018年11月30日にはディズニーの実写映画『くるみ割り人形と秘密の王国』が公開されます!

ということで今回は、映画の予習も兼ねて『くるみ割り人形』について(ディズニー好きの視点から)まとめていきます!

『くるみ割り人形』はクリスマスの物語

ナタリさん
ナタリさん
もともと『くるみ割り人形』とはドイツの作家ホフマンの童話で、クリスマスの物語なんだよ
ウミカ
ウミカ
じゃあバレエはその童話が原作ってことなんだね!

チャイコフスキーのバレエ音楽が有名な『くるみ割り人形』ですが、実は原作があるんですよ。

ドイツの童話作家・ホフマンの『くるみ割り人形とねずみの王様』です。

主人公・マリーがくるみ割り人形を見つけるところから始まる不思議な物語。

↓の本はKindle Unlimited対象なので、気になる人はぜひ読んでみてください。

マリインスキー劇場支配人のフセヴォロシスキーが、この童話をバレエにしようと構想しました。

フセヴォロシスキーは、『白鳥の湖』と『眠れる森の美女』のバレエの曲を手掛けたチャイコフスキーに作曲を依頼。

童話のフランス語訳(デュマ版)をもとに、誰もが知る『くるみ割り人形』のバレエが完成したのです!

バレエ版の主人公はクララ、童話よりもストーリーがシンプルで分かりやすいです。

ディズニー映画『ファンタジア』の『くるみ割り人形』

ナタリさん
ナタリさん
ディズニーファンが『くるみ割り人形』を語る上で忘れてはならないのが 『ファンタジア』だね

ディズニー映画『ファンタジア』は、クラシックの名曲の数々をアニメーションで表現した意欲的作品です。

『くるみ割り人形』のシーンでは四季の自然をテーマにしたアニメーションで、妖精や花やキノコが踊りを披露!

バレエを連想させる表現もあり、とっても幻想的なんですよね。

『ファンタジア』について書いた記事もあるので、併せてご覧ください。

あわせて読みたい
ファンタジア
『ファンタジア』ってどんな映画??35周年の新パレードでも注目!こんにちは!ナタリです! 東京ディズニーランドの新しいパレード、「ドリーミング・アップ!」 ...

東京ディズニーリゾートの『くるみ割り人形』

ウミカ
ウミカ
クリスマス期間は、パークのBGMで『くるみ割り人形』が流れるよね!
ナタリさん
ナタリさん
かつては『くるみ割り人形』を題材にしたクリスマスのショーも公演されていたんだよ

クリスマスシーズンの東京ディズニーリゾートでは、パーク内外のBGMで『くるみ割り人形』が使用されています。

この曲を聴くとパークにクリスマスがやって来たと感じる人も多いのではないでしょうか。

また、『くるみ割り人形』の曲は『ファンタジア』で使用されたということもあって、これまで東京ディズニーリゾートで公演されてきた数々のショーで使用されてきました。

では、『くるみ割り人形』が使用されたショーの中でも代表的なものをいくつか紹介します。

TDL:「スターライト・マジック」(1998、2000)

「スターライト・マジック」は、東京ディズニーランド15周年を記念して開催されたナイトタイム・スペクタキュラー!

花火と音楽、シンデレラ城への映像投影など、近年の「ワンス・アポン・ア・タイム」や「Celebrate!Tokyo Disneyland」の原点とも言える壮大なショーです。

あわせて読みたい
ワンスと何が違う?!TDL新ショー「Celebrate!Tokyo Disneyland」の見所を探るこんにちは、ナタリです! 2018年7月10日から、東京ディズニーランドで新しいショーが始まりました! 「Celeb...

『くるみ割り人形』が流れると、草花や雪の結晶など四季の自然がシンデレラ城を彩りました!

2000年には曲目を一部変更した「スターライト・マジック2000」が公演。

私は映像でしか観たことがありませんが、今でもファンが多い大人気のショーなんです。

TDL:「スターライト・ドリームス」(2008)

「スターライト・ドリームス」は、東京ディズニーリゾート25周年を記念して開催されたナイトタイム・スペクタキュラーです。

『くるみ割り人形』のシーンは、先に述べた「スターライト・マジック」のリバイバル!

花火と映像、ライトに水など様々な演出でシンデレラ城が美しく輝いたショーでした。

TDS:「ミニーのナットクラッカー」(2005)

「ミニーのナットクラッカー」は、東京ディズニーシーのクリスマスイベント「ハーバーサイド・クリスマス 2005」にて公演されたショーです。

TDRでこれまで公演されてきた数々のショーの中でも、このショーほど『くるみ割り人形』をフィーチャーしたものは無いはず。

「ミニーのナットクラッカー」は、『ファンタジア』ではなくバレエの『くるみ割り人形』をテーマにしています。そのため、

  • 主人公(このショーではミニー)の夢の世界が描かれる
  • ミッキーがくるみ割り人形になって登場
  • ミニーは金平糖の精に扮する
  • バレエをイメージしたダンス

など、『くるみ割り人形』要素が満載のショーだったんです。

ショー終盤はクリスマスの仮装パーティー!ミッキーとミニーがロマンティックにアイススケートを披露しました!

この頃のシーのクリスマスといえば、ウォーターフロントパークの特設ステージで行われるミッキーとミニーのスケートシーンが目玉だったんですよ。

いやぁ懐かしい…また観たいショーです…!!

ディズニー最新作『くるみ割り人形と秘密の王国』

ナタリさん
ナタリさん
ディズニーの『くるみ割り人形と秘密の王国』が公開されるね!
ウミカ
ウミカ
主演のマッケンジー・フォイちゃんがとっても可愛い!!

『シンデレラ』や『美女と野獣』などの実写化が記憶に新しいディズニーですが、今度は『くるみ割り人形』を実写映画化しました!

『くるみ割り人形と秘密の王国』は、主人公のクララが4つの国に迷い込み、王国の戦いに巻き込まれていく物語。

主人公の名前(クララ)やくるみ割り人形、シュガー・プラム(金平糖)の精など、原作やバレエの要素を織り混ぜつつも、映画オリジナルの物語になっています。

バレエや原作童話の『くるみ割り人形』を知らなくても楽しめますが、知っていれば色々な”気づき”があって面白いかもしれませんね。

そして!ディズニー映画なので、『ファンタジア』のオマージュもあるようです!ファンは必見!

美しい世界観と不朽の名クラシックが楽しめる、クリスマスにぴったりの心温まる映画『くるみ割り人形と秘密の王国』は2018年11月30日に公開です!