映画

ディズニー『アラジン』の名曲たち。ハワード・アシュマンが残した最後の曲と、実写版の必聴ソングも紹介。

ナタリさん
ナタリさん
今日はディズニー黄金期の人気作『アラジン』の名曲を紹介するよ。
ウミカ
ウミカ
みんな知ってる曲ばかりだよね!

ハワード・アシュマンが残した宝物

ウミカ
ウミカ
確か『アラジン』の曲ってアラン・メンケンとハワード・アシュマンが手掛けたんだよね。
ナタリさん
ナタリさん
良く知ってるね。でもハワードは、アラジンの楽曲制作の途中で亡くなってしまったんだ…。

これから紹介するのは、『リトル・マーメイド』や『美女と野獣』の名曲を作ったハワード・アシュマンが手掛けた曲です。

私たちをアグラバーへ誘う『アラビアン・ナイト』

エキゾチックなイントロが印象的な『アラビアン・ナイト』

この歌を歌っているのは、物語冒頭に登場する商人です。

この商人の声を演じるのはロビン・ウィリアムズ。ジーニーと同じ俳優さんなんですね。

…もうお気づきかもしれませんが、実はこの商人の正体はジーニーなんです(よーく見ると、お髭や服の色がジーニーなんですよね)。

当初の構想だと、最後にジーニーが『アラビアン・ナイト』のリプライズを歌ってエンディングを迎える予定だったみたいです。

ジーニーのキャラ炸裂『フレンド・ライク・ミー』

ランプの魔人・ジーニーが登場して、お馴染みのマシンガントークを繰り広げる場面で歌う曲です。

ジーニー役のロビン・ウィリアムズは俳優として有名ですが、彼の原点はスタンダップ・コメディ

そんな彼は、ジーニーの声を録音する際にアドリブを連発!私たちが良く知る最高に面白いジーニーを創り上げました。

『フレンド・ライク・ミー』はハワードの歌詞に忠実ながらも、声のトーンやアクセントでジーニーらしさ満載の曲になりました。

実写版では、ウィル・スミスがヒップホップのテイスト満載で歌い上げていて素敵なんですよ。

ジーニーがパレードを盛り上げる『アリ王子のお通り』

豪華絢爛なアリ王子のパレードで、ジーニーが歌う曲です。

実写版も見事な仕上がり…!

誰もが知る『ホール・ニュー・ワールド』の誕生秘話

ナタリさん
ナタリさん
名曲『ホール・ニュー・ワールド』の作詞を務めたのは、数々のミュージカルナンバーを手掛けたティム・ライスだよ。
ウミカ
ウミカ
この曲の作詞はハワード・アシュマンではないんだね!

ハワード・アシュマンの他界と、シナリオ変更という危機

先ほど紹介した3曲の歌詞を書いたハワードですが、病床で最後まで作詞を書き続け、1991年にエイズのためこの世を去りました。

実はこの時、『アラジン』のシナリオは大幅な路線変更をすることになってしまいました。

当初は予定に無かったアラジンのラブロマンスが取り入れられることになったのです。

すでにハワードが『アラジン』のために遺した歌がいくつもあったのですが、新たなストーリーに合わない多くの歌が使用できなくなってしまったんです…

新たな曲…アラジンとジャスミンの恋模様を盛り上げるロマンチックな曲が必要になりました。

ティム・ライスとアラン・メンケンが急ピッチで作り上げた名曲

ハワードの後を継いで作詞をすることになったのが、イギリスのヒットメーカー、ティム・ライス。

彼は『ライオン・キング』で使用する曲の作詞に取り掛かっていたのですが、『アラジン』制作のピンチを救うために呼ばれたのです。

時間がない中、アラン・メンケンはティムが住むロンドンに飛ぶことに。

アランがわずか2時間で書いた曲に、ティムが歌詞をつけていったそうですよ

そうして、この作品を代表する名曲『ホール・ニュー・ワールド』が完成したのです。

実写版『アラジン』の予告編でも、この曲が象徴的に使われていますよね。

ティム・ライスとアラン・メンケンのコンビは、アラジンが歌う『ひと足お先に』も作りました。

実写版『アラジン』の必聴ソング

アニメ版には無い新曲『スピーチレス~心の声』

実写版『アラジン』では、ジャスミンが力強く歌う『スピーチレス~心の声』が新たに追加されました

「ラ・ラ・ランド」などを手掛けたベンジ・パセク&ジャスティン・ポールが作詞を務め、作曲はおなじみアラン・メンケン。

より現代的な女性として描かれている実写版のジャスミンの曲は必聴です。